八丈島スキューバダイビング事業者協会について


八丈島スキューバダイビング事業者協会は、同じダイビング事業者同士の横の繋がりをつくるため1986年2月に発足しました。 今では、八丈島でのダイビングを安全で快適に楽しんでいただけるよう、関係機関と協力しながら、海辺の環境整備や島内外への啓蒙活動を行っています。

この先も、各ショップ仲間と知恵を出し合いながら、島の良さを多くの方にアピールしていけるよう頑張っていきます。具体的な活動は下記の通りです。

<ダイバーの皆様のための活動>
ダイビングポイントの潜水エリア、潜水時間の明確化、エントリーロープの維持管理、駐車場や休憩スペース使用時のマナー・ルールの作成、緊急時対応のためのフローチャートを作成し、ダイバーの皆様の安全で楽しいダイビングを支援していきます。
今後は活動を発展させ、個別の事業者ではなしえなかった共同のイベントなどを企画し、より多くのダイバーの皆様へ八丈島の魅力を伝えていきます。

<島内の皆様のための活動>
同じ「八丈島の海」を多くの皆様と一緒に楽しんでいくために、潜水作業による釣り場清掃、ビーチクリーニング等に協力していきます。また、島内在住の皆様にダイビングへの理解を深めて頂くことによって、島の良さを再認識して頂けるよう、他の観光事業に従事している皆さんとの連携を深めていきます。


組織は八丈島に所在するダイビング事業者によって構成し、任期2年の5名の役員を中心に運営、加盟店全員で活動しています。

2015年度の役員

会長 田中 幸太郎 (コンカラー)
副会長 岩川 晴海 (オリーブ)
書記 平川 潔 (パッショーネ)
会計 水谷 知世 (レグルス)
会計監査 仲谷 順五 (アルケロン)

inserted by FC2 system